旧工程表の提供終了について

平素よりダンドリワークをご利用いただき誠にありがとうございます。
2016年の5月からこれまでご提供させていただいた『旧工程表』を2018年5月29日で提供を終了させて頂きます。
※Web側、スマートフォン側、両方での提供終了となります。

経緯

現在弊社では旧工程表と新工程表の二つの機能を提供させていただいていますが、
新工程表の機能も充実し、これからも新工程表の開発に注力するため旧工程表運用メンテナスを終了するという判断をさせて頂きました。

完全移行までの流れ

旧工程表から新工程表の切り替えは画面上の切り替えボタンで変更が可能です。

新工程表の独自機能

これまで、お客様のご要望から新工程表に様々な独自の機能を実装してきました。
今回はよくご利用されている機能を中心にご紹介いたします。

[ マイルストーン ]

チャート上に目印としてピンを設定できます。
ピンを設定した日が進捗に関する重要な日であることをメンバーに共有することができます。

[ チャートの色 ]

各工事のチャートの色を変更できます。
自社内で作成したルールを元に工事の色を変更して色で判断しやすいように設定できます。

[ クリティカルパス ]

工事同士の前後を『関係性のある工事』として設定することで、工期(期限)を変更した際、関係のある工事の工期が自動的に調整されます。

[ 工程表上の要素の表示非表示 ]

工程表上に表示されているコメント、時間、休日などの内容を表示非表示を設定することができます。
必要な項目だけを表示することでスッキリしたチャートで内容を確認できます。

[ 工事ステータス ]

工事のステータスが新しく追加されています。
協力業者のメンバーが、工事の状態を外出先かでも変更することが可能になります。

ステータスは以下の4つになります。
・未対応
・対応中
・対応済み
・完了

簡易検索と詳細検索

よく利用される絞り込みを常に表示し、細かい高度な絞り込みは詳細検索としてボタンをクリックすることで開閉することが可能となります。

編集モード

工事の詳細まで移動せずに工程表上で工事の内容を変更することが可能です。
左上の青いボタン『編集をする』をクリックして変更を行います。
操作が完了したら保存を行い変更内容を適用します。

2018年5月29日で提供を終了させて頂きます。
まだ新工程表を試されてないお客様は是非ともこの機会に新工程表をご利用ください。

工程表オプションや新工程表の操作方法で
ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3人中3人がこの投稿は役に立ったと言っています。

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ダンドリワークス 技術責任者
沖縄県出身/東京都在住
学生時代、趣味のゲーム開発などからIT・エンジニアの道へ
過去にはActionScriptやObjectiveCでアプリケーションの開発にも携わり
ここ数年はWebサービスの企画・設計・開発を行なっている。
現在はシステム開発以外も人材育成にも力を入れている。