新機能 – 自主検査シートのリリース

先日よりご案内させていただいている自主検査シートのリリースを本日20:00より行いました。

新機能 – 自主検査シートのリリース

本機能では、図面や現場写真などの情報のやりとりをクラウド上で一元管理することで、情報の抜けや漏れなどのミスを削減でき、コミュニケ―ションを円滑化できます。
本機能では、施工品質を高めるために自社の基準を設定して外注先を含めチェックを行う「自主検査」を人手の少ない会社でも実施できます。

Webブラウザやアプリから項目をチェックできる他、最大5人まで個別の承認フローを設定でき、作成したシートはPDF形式で出力することが可能で、現場管理と連動し、本ツール内の操作で完結することができます。


画像はPCブラウザでの表示イメージになります。


画像はスマートフォンアプリでの表示イメージになります。

自主検査シートの主な機能

自主検査シートはプレイスの設定画面から『ひな形』を作成することで全ての現場で利用できます。

スケジュール
自主検査シートのひな形作成 自主検査シートのひな形を作成する機能がプレイス設定画面に追加されます。作成したひな形は設定することで各現場で利用可能です。
自主検査シートのチェック 各現場にて自主検査シートのチェック作業を行います。ウェブ画面、またはスマートフォン画面からチェック作業が可能になります。
自主検査シートの申請 作成した自主検査シートは申請が可能(申請なしも可)。複数の承認を経て最終的に決裁となり、自主検査シートの申請が終了となります。
自主検査シートのPDF出力 チェックした自主検査シートはPDFにて出力することが可能。※1

※1 印刷用紙に収まらない場合は表示項目を調整してください。

有料のオプション機能として提供

今回新しく追加された自主検査シートはオプション機能として下記の価格にてご利用可能です。

オプション利用金額
自主検査シート – 税抜 20,000円
自主検査シート – 税込 21,600円

オプションご利用の相談・お問い合わせは、チャットワークまたはメールよりお気軽にご連絡ください。
info@dandoli-works.com

是非、ダンドリワークの新機能をお試しくださいませ。
今後ともよろしくお願いいたします。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

ABOUTこの記事をかいた人

株式会社ダンドリワークス 技術責任者
沖縄県出身/東京都在住
学生時代、趣味のゲーム開発などからIT・エンジニアの道へ
過去にはActionScriptやObjectiveCでアプリケーションの開発にも携わり
ここ数年はWebサービスの企画・設計・開発を行なっている。
現在はシステム開発以外も人材育成にも力を入れている。